ヘッドセットをする女性

現在の情報機器の急速な普及から、インターネットを用いた様々なマルチメディア通信が行えるようになりました。
マルチメディアとしては音声や写真、文字など、様々なものがありますが、その一例として、各プロバイダで提供されているオンラインストレージを利用した動画配信システムがあります。
そもそもオンラインストレージとは、個人、もしくは法人向けプロバイダから提供されているサーバに存在するストレージをネットワーク経由で利用することを言います。
法人向けプロバイダの場合、30GB程度のオンラインストレージで、2000円前後の月額になります。
法人向けプロバイダは様々な会社があるのでいろいろと調べてみるとより良いものが見つかります。
法人向けプロバイダのオンラインストレージを利用した例として、動画配信システムがあります。

動画配信システムは、その名前の通り動画をユーザに配信するシステムのことを言います。
動画配信システムとしてストレージを利用する場合は、動画提供者は一旦動画を自身の持つストレージにアップロードして、動画を視聴してもらいたいユーザにその動画のアドレスを送るという流れが一般的です。
動画の例としては、一度生放送した動画、高画質な動画など、ある程度の貴重性やQoS(品質)の保証が必要なものが挙げられます。
また、オンラインストレージにアップロードしておくとユーザはいつでも自分が見たい時に動画を視聴することができます。

電話をする女性

現在広く一般的に使われているマルチメディア通信を実現するアプリケーションの例として、動画配信システムがあります。
動画配信システムは2つの種類があり、ひとつは生放送のようなストリーミング通信型の動画配信システム、もうひとつは法人向けプロバイダが提供している大容量のオンラインストレージにデータを保存して、ユーザがいつでも動画を見れるようにしているオンデマンド型(ストレージ型)の動画配信システムです。
オンラインストレージとは、法人向けプロバイダが顧客に貸し出しているストレージのことで、ネットワークを経由して法人向けプロバイダのオンラインストレージにアクセスすることによって、動画配信システムの管理者はいつでもファイルの更新と管理を実現できます。
一般的な法人向けプロバイダが公開しているオンラインストレージのレンタル料として、30GBのストレージに対して月額が平均2000円程度の料金となっています。
無論探せばより安くて大容量のストレージをレンタルできる可能性があります。

また、ストリーミング型の動画配信システムであっても、放送した動画のデータをすぐにオンラインストレージにアップロードすることによって、ストレージ型の動画配信を実現することができるので、ストリーミング型の動画配信を行っている会社も多かれ少なかれストレージを管理しています。
こうすることで、ユーザが生放送を見逃してもその放送を楽しむことができることから顧客の増加が見込めます。

カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
カテゴリー